Malenaの物語

すべては約65年前の1953年に始まりました。青年実業家フアンB. スタモスJuan B. Stamos (Stamatópoulos)氏がギリシャからメキシコに移民し、シナロア州で最も肥沃な地域でナスの栽培を開始しました。長年、スタモス氏は、アリゾナ州ノガレスの様々な物流センターを通して、全北米地域向け商品輸出に従事していました。 1984年、スタモス氏は今日マレナ・プロデュース株式会社として知られる自社を開始しました

私たちの長年の経験は、マレナ・プロデュースは、65年以上に渡り「生産者―輸出業者(Grower-Shipper)」として私たちの顧客に利益をもたらし、そして、我々の育むパートナーシップが、北米において、より新鮮で高い品質の商品を安定供給することを可能とするというユニークな見解を持つにいたりました。

ミッション

社会的に信頼でき、かつ、持続可能な生産オペレーションの世界的なモデルとなる

社会的な信頼性

マレナ・プロデュースの生産者グローバル・ファミリーは、土地と私たちを助ける人達への私たちのコミットメントを共有し、弊社に多大なる成功をもたらしています。児童労働を廃止し、労働者に公正な賃金を提供するというコミットメントを共有するということに加え、私たちの生産者は、そこで働く人々の生活の質を向上させるための包括的な利益を提供しています。彼らの活動は、私たちの成長を助ける人々に対する私たちの尊敬の念を物語っています。

食品安全性

食品安全性は私たちの根本理念であり、マレナの私たちにとっては最も高い優先順位です。私たちは、優良農業プラクティス(Good Agdiculture Practices; GAP’s)、優良生産プラクティス(Good Manufacturing Practices; GMP’s)、ハザード分析及び評価ポイント(Hazard Analysis and Critical Points; HACCP)を、農地から配送センターまで、生鮮商品サプライチェーンの全ての段階において採用することにより、顧客保護という私たちの道徳的義務を真摯に果たしています。

私たちは、私たちの目標-私たちの顧客に「高い品質の果物と野菜」を届けるーを達成するために、継続的に全ての生産段階を向上させるよう絶え間なく奮闘しています。

私たちの各種認定

ニュース